レシピ29 チェリーアンバーのジャラジャラリング

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ29 チェリーアンバーのジャラジャラリング

kohakuring.jpg
(クリックで大きくなります)

琥珀の中のチェリーアンバー。深いはちみつ色と赤の間のような色合いは
上品で人気が高い石。アメジストや大理石のようなハウライトのクロスとあわせた秋に
似合うリング。

材料
 リング台(10カン)フリーサイズ
 9ピン 適量
 銀チェーン2cm
 丸カン 適量

 6mm玉(チェリーアンバー3個、ピンククォーツ3個、)
 3mm玉(アイオライト2個)
 8mm (水晶カット2個、アメジスト平丸3個)
 ハウライト クロス

1.チェリーアンバー、ピンククォーツ
 アイオライト&水晶カット、アメジストをそれぞれ9ピンに通し、
 台のカンにつけていく。
 このとき石の配置を考えて。

2.チェーンに9ピンに通したハウライトクロスをつけ、もう片方に
  丸カンをつけて台のカンの下の段の1番右につける。
 (このリング台は5個ずつ2段にカンがついているので)

3.石は10個と限定しないで、同じカンに2つつけてもいい。
  全部つけたら、ひっくり返してみて、チェーンの長さや石の感じを確認。
  変えたいところを修正する。

★今回はわざと大き目の石でジャラジャラ感を出しました。
目立つので中指があうでしょう。チェーンでクロスをつけましたが
もしつけてみて邪魔だったらはずして。石でなく、チャームのクロスでもOK。

「見せるリング」なので、好みで4mm玉を使ったり、色を統一したり、
自由にアレンジしてください。

そしてペンダント用のチェーンにこのリングを通すと、きれいな石のトップに。
さまざまな色の石とクロスがゆれてとても素敵です。ぜひお試しください。

アンバーは、はるか昔に絶滅した松や杉などの松柏科植物などの樹脂が、
地中に落ちて化石化したものです。
これがほかの鉱石と大きな違いがあります。
アンバー(琥珀、amber)とは木の樹脂(ヤニ)が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石です。
半化石樹脂もしくは半化石の琥珀はコーパルと呼ばれます。
ペンダント、ネクタイピンなどの装飾品に利用されます。
鉱物ではありませんが、硬度は鉱物にも匹敵します。
色は、黄色を帯びたあめ色のものが多く、世界的には、カリーニングラード州、リトアニア、ポモージェ、東プロイセンなどバルト海沿岸地域が主な産地です。

この琥珀の中にはときとして昆虫などが閉じ込められている時があります。
この石は毎日のストレス社会を乗り切るための強い味方となってくれます。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。