レシピ25 薔薇の天使リング

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ25 薔薇の天使リング

bara.jpg
(クリックで大きくなります)

カーネリアンの薔薇を使い、天使の羽根チャームとあわせたキュートなリング。

材料
 フリーサイズのリング金具
 カーネリアン薔薇 1個
 水晶、ベリドット、アメジスト、シトリンさざれ 適量
 ムーンストーン、水晶カット6mm オレンジムーンストーンオーバル
 メタルビーズ シルバー 適量
 アーティスティックワイヤーシルバー 0.3mm 約40cm

1.リング金具の中央より少し右(石をつける1番右の位置)に
ワイヤーを1回巻いて固結び。このとき、片方のワイヤーは5cmほどの長さにする

2.長いほうのワイヤーに、さざれやメタルビーズ2,3個をつけてワイヤーを
台に1回巻きつける。このとき指で押さえて、台の内側に石が回りこまないようにする。

3.同じようにさざれや丸玉を通したワイヤーを巻きつけていく。はじめに通した石は
下に隠れてしまい、あとからの石が表面にでるので、見た感じを考えながら石を選んでいく。

4.中心には最後に薔薇が来るので、そこをあけてドーナツのように周囲に石をまきつけていく。適当な位置で、羽根チャームを通し、そこで2,3回ねじってチャームを固定する。向きがあるので注意。

5.石をつける1番左の位置まできたら、今度は逆に右に戻っていく。4と同じようにして
チャームをつける。そして最後にカーネリアン薔薇を通し台の中央に巻きつける。

6.ワイヤーを台に巻きつけながら最初の固結びの位置まで戻ったら、2回ほど台に巻きつけて片方のワイヤーともう一度結び、2本をねじっていく

7.2cmほどの長さでワイヤーをカットし、やっとこで先をくるりとまるめてから
どんどん丸めていく。手で押さえてから飾った石の隙間に入れ込む。

★これは天使の羽根を両はじにつけたので、横幅があるボリュームのあるリングに
なっています。中指につけるのがベスト。もちろんチャームなしの薔薇リングにしても
かわいいです。薔薇もいろいろな石があり、使う石で雰囲気も変わります。


◎ 落としミシン

落としミシン(おとしみしん)
見返しなどを落ち着かせるため、縫いしろの割位置やきわにミシンステッチをすることです。


◎ 片倒し

その他片倒し(かたたおし)
表側に影響しないように縫いしろを片側に倒すことです。



◎ 原毛フェルト

素材原毛フェルト(げんもうふぇると)
羊毛をフェルト化させたものです。色をつけたものもあり、繊維を絡ませフェルト化させて小物をつくるです。ぬるめの石けん水やフェルティグニードルを使って、立体的な形にすることができるです。人形から財布などの小物までさまざまなアイテムがつくれるです。

◎ 指カン

その他指カン(ゆびかん)
丸カンなどの開き・閉じに使うです。指に入れて使うので簡単に固定でき、作業がスムーズです。丸カンの太さに合せて大小の溝を使い分けるです。
Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ