黒ワイヤーと貝のネックレスレシピ1

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

黒ワイヤーと貝のネックレスレシピ1

kurowaiya-.JPG

アーティスティックワイヤーは、普通のワイヤーの使い方のほかに

パーツを作るという使い方が出来ます。

これは円の形のパーツを大きさをかえて作り、石ビーズと組み合わせてネックレスにしました。

そしてこのネックレスを、どんどん変化させていきたいと思います。

まずは1番基本形の作り方。

材料
アーティスティックワイヤー 黒 0,6mm 50cm2本
               40cm 1本 30cm 2本

ニューホック留具1個
丸カン10個
9ピン 22本

茶蝶貝 ムーンストーン、 ローズクォーツ マザーオブパール
水晶 淡水オパール黒 スモーキークォーツ メタルビーズなど

1.まずワイヤーでパーツを作ります。

大直径4cm程度が2個 中3cmが1個 小1cmが2個です。

waiya-wa.JPG

大はアーティスティックワイヤー50cmを5cm程度残して
4cmくらいのビンのふたとか、円形のものに2回巻きつけ(なければ手で適当に丸くする)

残しておいた5cmを円にからませて、端をやっとこで丸める。

2.残りのワイヤーで、1の円の5mm程度外側で円を作り、内周と
外周をつなぐように絡ませていく。
このとき引っ張ると2つの円の隙間がなくなるので注意。

3.できるだけ空間を作りながら、模様に見える感じにからませていき、最後2cmほど、それまでからませたところを通し戻してから
端をやっとこで丸める。

このパーツを大2個中1個 小2個作る。

次回はパーツを使いネックレスを作ります。

真珠(パール)
  
月のしずくが、海に落ちて生まれたといわれる真珠。
貝が異物から身を守るため分泌物で包み込んで出来たもの。痛みを美しい光に変えた神秘の産物。
母貝の防衛反応から生まれた、強い保護力から、邪気をはらい、抵抗力、想像力をはぐくむといわれる。


すべての女性の運を高め、強力なパワーや異性へのアピール力を高める。
穏やかで優しい気持ちにさせるそうです。
また、あきらめずに自分を信じて歩き続ける大切さと、自信を身につけるのに効果があるそう。
魂の成長をうながし、真理の道をもたらす石。

淡水パールは愛情を高めるパワーが強く、すべての運をサポートするので日常的に身につけるといい。
またパールは大き目がよく、シンプルなピアスやペンダントがおすすめ。
淡水パールは鎖骨とその下4,5cmの2連がよく、直接肌に触れた方が運気を上げる。

 色ではピンクが女性らしさ、ブラックはステータスアップ、金運や悪い気を流す。      
ゴールドは全体の運気を上げるといわれています。

◎ ピースワーク

縫うピースワーク(ぴーすわーく)
四角形、三角形などに切った布(ピース)
を縫いつなぎ合わせていくことです。パッチワークと同じ意味で使われることもです。


◎ つぶし玉

つぶし玉(つぶしだま)
テグスやワイヤーに通したビーズを固定したり、ボールチップと一緒に先端の処理に使う金具です。

◎ くさり編み

くさり編み(くさりあみ)
かぎ針編みの基本になる編み目です。編み始めのつくり目や模様編みの一部に使われることも多いです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。