ロマンチックなピンクダイヤモンド

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

ロマンチックなピンクダイヤモンド

女性に人気のピンク系ジュエリー。

中でも究極の宝石である、ダイヤモンドには、ホワイトのほか
イエロー、ブルー、ブラックなどがありますが

女性の1番人気はピンクダイヤモンド


ピンクダイヤモンドは、淡い色と
優しい雰囲気がとてもキュート。

ダイヤだけど、普段使いにしたい定番のクロスペンダントは
どんな服装にもあいやすいので、1つはもっていたいアイテム。

パールのネックレスや、他のシンプルなジュエリーと重ねてつけても
かわいいですね。お嬢様ファッションにも欠かせません。

比較的お値段が高めのレアなピンクダイヤモンド。
お気に入りがあったらぜひチェックしてください。

夏、胸元が注目を浴びる季節にはとくにおすすめです。

4月の誕生石、ダイヤモンドは、古来より、最強の護符として用いられてきたパワーストーンです。
宝石の女王にふさわしいダイヤモンドは、火山岩中に含まれる宝石で、地球上で最も硬い石です。
その輝きの秘密は光の屈折率のよるものです。

このダイヤモンドの語源は、ギリシャ語で「制服されざるもの」を意味するアマダスが語源とされています。
17世紀になってブリリアント・カットが発明されてから、宝石の中の宝石として知れわたるようになりました。
ダイヤモンドと人類との歴史は遠い昔にさかのぼり、紀元前4世紀ごろにインドで最初に見つけられといわれていて、旧約聖書にもその名が記されています。



万物最高の硬さのため、ギリシャ語で
「征服しがたい」という言葉に由来する。2000年以上前のインドで発見され、ヨーロッパで
使われだしたのはずっと後のこと。

また「真理の石」ともいわれ、真に成長を望み、愛を持って用いるなら究極の導きの石として
サポートすると伝えられています。

古くは毒を中和したり、精神錯乱を防ぐ効果があるとされ、新陳代謝を活発にして
抵抗力を強める効果があるそう。

永遠の絆や精神無垢の象徴とされ、不滅、勝利を導く、また潜在能力を引き出し、
的に打ち勝つパワーがあるといわれています。

また、金運の豊かさや収入アップに効果的。石から放出される強い光が、どんな運にも働きかける
オールマイティな石。

さらに身代わりの作用が強く、悪い気を吸収して防ぐパワーが絶大。
身につけるだけで潜在能力が引き出され、運も精神も強くなれる。チャンスを与える
パワーも強力なので自分を変えたいとき、自ら購入するといいそうです。


ダイヤモンドは今でこそ、市場で大きなシェアを占めていますが、宝石を使う歴史の中で、ダイヤモンドがこのような地位を占めるようになったのは、ほんの数百年足らずのことです。
ダイヤモンドは原石のままではあまり光らないため、昔は色や模様の美しいエメラルド、ルビー、サファイアなどのカラーストーンの方が宝石の中でも珍重されていました。

しかし、地球上で一番硬い物質であるダイヤモンドを研磨する方法が見つかり、ダイヤモンドのもつ輝きを最高度に発揮するブリリアントカットの方法が発明されて以来、ダイヤモンドは宝石の王座に輝くようになり、今日では様々なカットによる輝きで私たちを魅了しています。

◎ つぶし玉

つぶし玉(つぶしだま)
テグスやワイヤーに通したビーズを固定したり、ボールチップと一緒に先端の処理に使う金具です。

◎ 山道テープ

山道テープ(やまみちてーぷ)
山道のようにくねくねしているテープです。ランチョンマットなどの小物の飾りに使われるです。リックラックともいい、幅や太さ、色もいろいろ揃うです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。