誕生石を知ろう

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

誕生石を知ろう

幸せを呼ぶと言われる誕生石。女性ならぜひ身につけたいジュエリーですが、18世紀以前はその月の石を毎月変えて身につけるやり方が主流でした。

しかし近年では自分が誕生した月の誕生石を通年で身につけると使い方が多いようです。月ごとに取り替えると最低でも12種類の宝石が必要ですが1年同じ石なら1種類で済みます。

記念にと婚約指輪に利用することもありますが、現在では永遠の輝き、固い絆のイメージで人気のダイヤモンドを贈るケースがほとんどです。

女性が誕生石をお守り代わりに身につけるケースも多いです。

有名な宝石が並ぶ誕生石。あなたの誕生石は何でしょうか。
1月 ガーネット(柘榴石)
2月 アメジスト(紫水晶)
3月 アクアマリン(藍玉) コーラル(珊瑚) ブラッドストーン(血玉、血玉髄)
4月 ダイヤモンド(金剛石) クォーツ(水晶)
5月 エメラルド(翠玉、緑玉) ジェイド(翡翠)
6月 パール(真珠) ムーンストーン(月長石) アレキサンドライト(金緑石)
7月 ルビー(紅玉) カーネリアン(紅玉髄)
8月 ペリドット(橄欖石) サードニックス(紅縞瑪瑙)
9月 サファイア(青玉)
10月 オパール(蛋白石) トルマリン(電気石)
11月 (イエロー)トパーズ(黄玉) シトリン(黄水晶)
12月 ターコイズ(トルコ石) ラピスラズリ(瑠璃、青金石) タンザナイト(黝簾石)

誕生石(たんじょうせき)は、1月から12月までの各月にちなんだ宝石で、一般的に、自分の生まれた月の宝石を身につけると加護がある、幸せを呼ぶといわれています。
誕生石は国によって異なっていて、国の特徴がよくあらわれています。

女性に人気の誕生石(たんじょうせき)。みなさんも耳にすることが多いと思います。1月から12月まで決まっていて自分の生まれた月の
宝石を身につけると幸せを呼ぶといわれます。でも国によって誕生石の石が違うのです。

誕生石には2通りの楽しみ方があります。1つは月ごとに宝石を取り替えて身につけるやり方。例えば、1月中はガーネットのジュエリーを着用し、2月にはアメシストのジュエリーを使用します。

18世紀以前によく使われた使い方です。。もう一つは、自分が誕生した月の誕生石を通年で身につけると使い方です。さきの利用法では12種類の宝石が必要です。しかし1年同じ石なら1種類で済みます。

婚約指輪に利用することもありますが、現在ではダイヤモンドだけが主に利用されています。

幸せを呼ぶと言われる誕生石。女性ならぜひ身につけたいジュエリーですが、18世紀以前はその月の石を毎月変えて身につけるやり方が主流でした。
しかし近年では自分が誕生した月の誕生石を通年で身につけると使い方が多いようです。

月ごとに取り替えると最低でも12種類の宝石が必要ですが1年同じ石なら1種類で済みます。

記念にと婚約指輪に利用することもありますが、現在では永遠の輝き、固い絆のイメージで人気のダイヤモンドを贈るケースがほとんどです。女性が誕生石をお守り代わりに身につけるケースも多いです。

◎ ブローチピン

とめ具ブローチピン(ぶろーちぴん)
ブローチやコサージュなどを縫いつけられるように、穴のあいた台がついたピンです。


◎ チェーンステッチ

縫うチェーンステッチ(ちぇーんすてっち)
くさり状になるステッチです。糸を引きすぎないようにするのがコツです。


◎ ウッドビーズ

ビーズウッドビーズ(うっどびーず)
木でできたビーズです。丸型だけでなく、さまざまなカットのビーズがあるです。ナチュラルな雰囲気の作品向きです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。