ムーンストーンのワイヤーリングレシピ

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

ムーンストーンのワイヤーリングレシピ

ring2.JPG

自分の指のサイズにあわせるには、ワイヤーで土台を指に合わせて
作るのがおすすめ。

簡単にできて、いろいろ応用が利くのでやってみてください。

材料
アーティスティックワイヤー0.6mm 40cm程度
アーティスティックワイヤー0.3mm 50cm程度

ムーンストーンカット、水晶カット8mm、オニキス6mm
琥珀6mm 淡水パールオレンジ、ベリドット、ムーンストーンさざれ
メタルリーフ金古美6mm

1.土台を作る。はめたい指にアーティスティックワイヤー0.6mmを
ゆるめに4回巻いて、ワイヤーの両端をクロスさせて4回巻いた部分に
それぞれ隙間なくからめていく。リングの半分くらいまでからめたら、
余分なワイヤーをカットしてやっとこでまるめて処理する。

2.からめていない部分をやっとこを使って広げる。
ここに石をからめる。この段階で指にはめてみて、余裕があることを確認する(石をつけるときつくなるので)

できあがりはこちら
ring1.JPG

3.広げた部分の右端に、ワイヤー0.3mmを3cm残して結び付けて
固結びする。長い方にビーズを通し、土台にからませていく。できるだけ
石の大きさが違うものを隣同士にするとバランスがいい。

4.裏側にビーズが動かないように、キッチリ抑えながらからませていき、
終わったら石の間を通って最初の位置に戻り、3cm残したワイヤーと
固結びして1cmほど残してカットする。
1本にねじってやっとこの先で丸めて石の間に入れ込む。

★別にモチーフを作って、この土台につけても面白いですね。
ワイヤーを金や黒に変えるだけでも印象がかわります。
さざれだけをつけても可愛いし、広げずに1周石を巻いて、リングを重ねつけしてもおしゃれ。
いろんな楽しみ方ができます。

ムーンストーンは
感受性が豊かになる石といわれます。
恋人たちの石として愛をもたらすそうです。

ムーンストーンは、数多くあるパワーストーンの中でも、人気があるのがムーンストーンで、6月の誕生石でもあります。
ムーンストーンは日本名で「月長石(げっちょうせき)」という名前をもっています。

ムーンストーンは、とろけるような乳白色の石というイメージがありますが、オレンジやイエロー、グリーン、こげ茶に近い黒など多彩な色があります。
そして幻想的な光を放つことでとても人気の高いパワーストーンといえます。
インドにおいては、月の輝きが凝固してできた結晶として信じられてきたようです。

大人気のムーンストーンは、タンブルからいろいろな形のビーズまででているので、ぜひ活用してください。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。