赤珊瑚とタイガーアイのヘンプ3連ネックレスレシピ

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

赤珊瑚とタイガーアイのヘンプ3連ネックレスレシピ

sango3ren.JPG


簡単にヘンプを使って長さ50cm弱の3連ネックレス。

ヘンプはグラデーションのカラーを使うことで変化が出ます。
石と同系統の色にするとまとまりがでます。

カニカンでとめるので、冬はセーターの上から、夏はシャツの下にと

いろいろな使い方が楽しめます。

材料
カニカン大1個
丸カン大1個
   小2個
ひも留め金具 2個

ヘンプ極細(茶色ー白のグラデーション)80〜90cmが3本
赤珊瑚さざれ、タイガーアイ6mm オニキス6mm
ユカナイト8mm 適量

1.ヘンプの5cmのところに赤珊瑚を3個とおし、両端をもって
  1回固結びする。そして3cmほど間隔をあけたところに
  タイガーアイを2個入れて同じく固結びする。このように
  3cmずつ間隔をあけながら、赤珊瑚3個の結び、タイガーアイ2個
  の結びを続けて、50cm程度(好みで好きな長さまで)にしたら
  あまったヘンプをカットする。

2。1と同じようにして、ユカナイト1個、オニキス2個を3cm間隔で
  1本つくる。

3.1と2を並べてみる。3本目は2本と石の配置が重ならないように
  間隔をずらしながら、同じようにして残りの赤珊瑚やタイガーアイ
  オニキスなどをつけていく。

4.3本のヘンプの先に少しボンドをつけて、まとめてからひも留め金具に
  はさみ、ペンチでしめる。丸カン小をつけて、片方にはカニカン、
  片方に丸カン大をつけて完成。

★ボリュームがあるようですが、赤珊瑚が軽いので、見た目より重さは
 気になりません。他にウッドビーズやボーンビーズをつけても。
石と同じ系統のヘンプの色だと、まとまりますが、逆に白いヘンプに
鮮やかな石とか、その逆などヘンプの色自体をポイントにしても。
ただし、穴が大きい石を使わないとヘンプが通らないので注意。

◎ ボールチップ

金具ボールチップ(ぼーるちっぷ)
テグスやチェーン、ワイヤーにとめてほかの金具と接続するために使うです。


◎ こぎん糸

糸こぎん糸(こぎんいと)
糸のよりが甘く、細かく刺すこぎん刺しに向いている糸です。

◎ しつけ

縫うしつけ(しつけ)
布がズレないように、仮縫い仮じめすることです。


◎ メリヤス編み

編むメリヤス編み(めりやすあみ)
表側から見るとすべて表目が並んだ編み地です。往復編みの場合、表編みをして返した裏側は裏編みをするです。これを繰り返すです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。