レシピ7 アメジストとシェルクロスのラリエット

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ7 アメジストとシェルクロスのラリエット

rarie.jpg

ラリエットとは、1本を胸元で1回マフラーのようにクロスさせて使うアクセサリー。

留具もいらないしバリエーションも豊富で簡単なのでぜひ作ってみてください。


材料

・銀チェーン 50〜53cm

・丸カン 数個(余分に用意してください)

・9ピン 数本

・淡水パール白、ブラック6mm、オニキス6mm、アメジスト平丸8mm

クラック水晶8mm、ガーデン水晶8mm

シェルクロス1個、クラウン(王冠)チャーム1個

道具 

  やっとこ


@丸カンをチェーンの両端にとめます。

A9ピンをパールブラックに通して先をカットして丸め、チェーンの丸カンに通して

閉じます。そのパールブラックのピンに、パール白、アメジスト、オニキス、

クラック水晶(中を圧力でわざとヒビいれしたもの)、アメジスト、パール白

ガーデン水晶の順番でつなげていきます。

B王冠チャームに丸カンを通して、片方のガーデン水晶につなげます。


Cシェルクロスに9ピンを通してまるめ、もう片方のガーデン水晶につなげます。これで完成。

※けっこう長めサイズなので、チェーンの長さで調節してください。


今回は1連だけでしたが、チェーンにつける部分を片方2本ずつにしたり、

石の種類、サイズ、量を変えていろんなアクセサリーができます。

チャームをかえるだけでもかなり感じがかわります。

あくまでも見本の作り方なのであなたオリジナルのラリエットで楽しんでくださいね。

マザーオブパールは天然の貝殻のことで、貝の王様といわれている白蝶貝と呼ばれています。

真珠を作る際に使われる真珠貝の殻の裏側の真珠層から作られていることから「マザーオブパール」と言われています。

真珠を生み出すためか、その力は女性にたとえられるようで女性としての内面的な魅力、優しさ、慈しみ、などを引き出してくれたり母性愛を高めると共に育児を見守ってくれると云われています。

潜在能力を高める作用や精神を安定させ安らぎを与えてくれるとも云われています。
一般的には白蝶貝が真珠の母貝として用いられていますが白蝶貝以外にも黒蝶貝・茶蝶貝・あこや貝など多種あります。

クリーム色のほかにも多種の色もあり、また、染色されたものもあります。

アクセサリーにだけでなく時計の文字盤や楽器の装飾など様々なもの装飾の一部としてもよく用いられます。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。