手彫り龍とウッドビーズのゴムブレスレシピ

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

手彫り龍とウッドビーズのゴムブレスレシピ

ryubress.JPG


タイガーアイは仕事運、金運に効果があるといわれる石。
龍を手彫りしたパワーストーンはとてもパワフルで人気です。

シックな雰囲気は和服にも合います。男性へのプレゼントにもおすすめ。
ウッドビーズは水に弱いので注意しましょう。

取り外しが楽なゴムブレスは一般的で、作り方もいろいろ
あります。今回は1番簡単な方法で。

前のレシピのストラップとおそろいになっています。

材料

シリコンゴム0.8mm 20cm程度

タイガーアイ手彫り12mm2個 8mm4個
カット水晶8mm2個 6mm2個
ウッドビーズ10mm  8mm 6個ずつ

作り方
1.シリコンゴムの片方の端を洗濯バサミではさむ。

2.タイガーアイ、カット水晶、ウッドビーズを写真のように通していく。
  ここで腕のサイズにあうようにビーズを調整する。

3.片方にウッドビーズ10mmがくるように通し、ゴムの両方を
  きつく引っ張り(かなり強く)、固結びを3回する。
  結び目は出来るだけ小さくして、2mmくらい残しゴムをカット。
  その結び目に少しだけボンドをつけて、固まるまでおく。
  固まったらウッドビーズの穴に結び目を入れ込む。(つまようじを
  使うと入れやすい)

★人によって、ボンドをつけなかったり、結ぶ回数が違ったりします。
自分に1番あったやりかたで。

ゴムは伸びやすいので、あまり大きい石は重さがあるため、ゴムはさけたほうがいいでしょう。つけはずしを繰り返すと自然とゴムが伸びてゆるくなるので、そのときはゴムを取り替えましょう。

ゴムは太い方がより丈夫ですが、石の穴に入らない場合もあるので
選ぶときは注意。

タイガーアイは光の反射によって黄褐色の縞模様が
虎の目のように見えることから名前がつきました。

古代では、幸運を招く聖なる石としてあがめられ、エジプトでは神の像の目に使い
聖なる視野を表現し、ローマでは霊力を授かる護符として、またインドでは
変わりゆく色合いの美しさから、最も貴重な宝石として愛用したといわれています。

洞察力・決断力を養い、物事を成功に導き、邪悪な力をはねかえして
仕事運、金運を良くするパワーがあると伝えられています。

仕事や将来に不安を感じたとき、目先の損得に惑わされず、本当に必要なものを
見極め、正しい決断を下せるようサポートしてくれるタイガーアイ。

理想と現実の両方を見る、大きな視点を与えるこの石は、とくに仕事運を
アップするのに効果的。

◎ バネ口金

金具バネ口金(ばねくちがね)
財布やポーチなどの口につける金具です。両わきを押すと円の状態に開くのが特徴です。

◎ 眼鏡どめ

つなぐ眼鏡どめ(めがねどめ)
ワイヤーを使ってビーズをほかのパーツにつなげるための手法です。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。