レシピ6 天然石のハートのブレスレット&リング

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ6 天然石のハートのブレスレット&リング

ハートのぶれす

天然石のハートを使った黒チェーンのブレスレットとシルバーリング。

赤のハートがバレンタインにピッタリ。かわいくて簡単なのでぜひ作ってみてください。


材料(ブレスレット)

・黒チェーン 16cm2本

・丸カン 数個(余分に用意してください)

・ニューホック(黒でも銀でも)

・ローズクォーツ、レッドアベンチュリンのハート型6mm4個ずつ、マザーオブパール、

ムーンストーン、淡水パール適量

・銀色のクロス(十字架)のチャーム 1個、

・銀メタルビーズ3mm数個、Tピン適量

道具 

  やっとこ

@丸カンに、2本のチェーンの両端とめます。そのままでもいいですがからませるために

途中2箇所くらい、チェーン同士を丸カンで通します。

AまずTピンに銀メタルビーズを通し、ハートが上を向くように通して先をカットして

丸めて、チェーンのワッカに通して閉じます。合計8個のハートを、うまく重ならないように

配置してつけていきます。

B淡水パールやマザーオブパール、ムーンストーンをハートの位置を考えながら

同様につけていきます。

Cだいたいチェーンの真ん中当たりに丸カンを1つつけて、クロスチャームをつけます。

D最後にチェーン両端の丸カンにニューホック金具をつけて完成。

※1本のチェーンのみに石をつけてもいいし、2本それぞれに配置してつけてもいいです。

だいたい3色で作ると、いい感じになるので、チェーンの黒、ハートの赤、石の白という

感じにしました。でも銀チェーンにしてもかわいいし、石の色をかけてもイメージが変わります。

チャームもハートにしたり、複数つけたり、工夫がいろいろできますね。


★天然石のハートのリング★

材料

・ローズクォーツ、レッドアベンチュリンのハート型6mm1個ずつ、マザーオブパール、

ムーンストーン、淡水パール 水晶さざれ、アメジストさざれ、アメジスト平丸適量

・銀メタルビーズ3mm数個、Tピン適量

・カン付きリング台(フリーサイズ)

これもリングのカンに、同様に作った石やハートをどんどんつけていくだけ。

アメジストの平丸は、円形の厚みがうすいものです。好みでいろんな大きさの

石を使うと面白いです。Tピンでなく、先が星の形のピンなどを使ってもキュート。

クロスのモチーフは大変人気があります。

すかしパーツを使うとかチャームをつけるとか
いろいろ使えて便利ですよ。

小さいパーツはピアスにもおすすめです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。