天然石で作る秋のワイヤーブローチ2

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

天然石で作る秋のワイヤーブローチ2

レシピ前半はこちら

前回でブローチ台にワイヤーで作った土台をつけました。

このとき、最終的な形に土台を形作ってください。
石をつけると変形しにくいので。

1.アーティステックワイヤー0.3mmを8の字の下のほうに5cm
残して結び付けます。そして長い方に天然石を通して、土台にくくりつけていきます。まずメタルリーフ、そしてカーネルアン6mmで、ボリュームを出します。

2.土台の中央はブローチ台が見えているので、その部分を隠すために
  中央に石をたくさんつけます。ワイヤー土台の全部に石をつけることは
 ありません。
 空間の広がりが出るように、土台の右半分と中央部分につけていきます。

3.1番目立つ中央にはこはく6mmを、その周囲に淡水パールやガーネッ トなど、小さい石をつけ、メタルリーフもよく見える位置に。

4.大体つけおわったら、土台の太いワイヤー部分に残りの細いワイヤーを
巻きつけながら下に下りてきて、5cm残していたワイヤーと合流し
固結びして、1本にねじり、余分なところをカットしてから、やっとこで
くるくる巻き込んで、石の間に入れ込みます。

★あまり重さがあると、ブローチなのでつけた服などの生地を
痛めることがあるので、気をつけましょう。

土台はハートや花やクロスなど、好きな形を作って楽しんでください。
円形にするとミニリースのようになります。木の実や秋のチャームを
使うと、いっそう雰囲気が出ます。

アイオライトは英名でコーディアライトといい、ケイ酸塩鉱物の一種で、高温低圧型の広域変成岩や接触変成岩、特に泥岩を起源とするホルンフェルスに見られるほか、花崗岩にも含まれることがあります。

真っ青なアイオライトは「海のサファイヤ」とも呼ばれていて、古くは羅針盤の代わりとして用いられたとも言われていますので、迷うことなく目標に到達するための、道しるべとなる石として知られています。

自分の方向性を見出せない時などに活躍するでしょう。
アイオライトは、多色性が非常に強く、観察する角度によって色が青から透明に変わります。
このことからダイクロアイトという別名もあります。
宝石としてはアイオライトとよばれ、色は名のとおり青みを帯びたすみれ色で、サファイアに似ていることからウォーターサファイアともよばれます。

◎ ワイヤー

針金ワイヤー(わいやー)
真ちゅう製で指でねじって形をつくることができる針金です。ステンレス製もあり固いです。用途によって使い分けるです。いろいろな色や太さが揃うです。


◎ 造花ピン

金具造花ピン(ぞうかぴん)
コサージュなどをピンに固定できるように、土台が平たく、穴があいている安全ピンです。


◎ モヘア

糸モヘア(もへあ)
元来はアンゴラヤギやアンゴラウサギの毛の別名だったが、今はやわらかく毛足が長い糸全般を指すです。ふわふわとやわかい印象に仕上がるため、セーターなどの洋服から手袋などの小物のほか、あみぐるみに使用すると毛足が長く動物らしい作品になるです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。