天然石で作る秋のワイヤーブローチレシピ1

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

天然石で作る秋のワイヤーブローチレシピ1

akiburi-chi1.JPG

9月に入り、ファッションも秋の雰囲気になりつつあります。

今回はアーティスティックワイヤーを使って、こはくやガーネット、

カーネリアンなど、赤と金の石をメインにした秋のブローチ。

土台も自分で作るので好きな形にできます。

材料
ブローチピン1個
アーティスティックワイヤー銀 0.6mm 50cm前後
アーティスティックワイヤー銀 0.3mm 60cm前後
テグス 適量

カーネリアン、こはく6mm、ガーネット4mm、淡水パール白、黒
さざれ(水晶、ベリドット、アメジスト、こはく)
メタルリーフ金 2枚

作り方
1.アーティスティックワイヤー銀 0.6mmで、8の字をかくように
作っていく。中央でぐるっと巻いて、2回ほどしたら、らせんをかくように8の字をワイヤーで巻きつけていく。

buro-chi.JPG
 
2.ブローチ台にのせてみて、形を整える。中央の厚みがあると
台から浮きやすいので注意。あとで石を結び付けやすいように、空間にも
少しワイヤーを絡ませておく。

3.ワイヤーの両端は、本体に1回むすんでから余分な部分をカットして、やっとこの先で丸めておく。

4.テグスで本体をブローチ台の2つの穴に結びつける。結び目はボンドをつけておくほうが安心。(重さがあるので)テグスの代わりに細いワイヤーでも。

5.本体の形を最終的に整える。画像は8の字を少し変形させて、先のほうもとがらせたり、いびつにしたりしました。

次回は石をつけて完成させます。


◎ ファイアポリッシュ

ビーズファイアポリッシュ(ふぁいあぽりっしゅ)
チェコビーズの1種です。ガラスビーズをカットした後、表面を火で磨き、柔らかな輝きのあるビーズに仕上げる技法です。

◎ シャワー台

金具シャワー台(しゃわーだい)
イヤリングやブローチなど、モチーフを固定させたいときに使うと便利な台です。パーツをテグスなどで台の穴の部分に固定できるです。


◎ 刺しゅう

刺しゅう(ししゅう)
さまざまなステッチ(縫い方)
で、図案を表現することです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。