オニキスのヘンプストラップレシピ2

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

オニキスのヘンプストラップレシピ2

ヘンプストラップレシピ前半はこちら>>

1.同じように今度は右側から。
右2本(青)を中央4本の上にかさね、左2本(茶)をその上にかさね
中央の下をくぐらせる。

asa-2.JPG

右2
asa-3.JPG

これで1回の平結びがおわり。左を上にして1回、右を上にして1回で
1セット。これを3セットほど繰り返す。


2.オニキスを入れる。中央に通すが、穴に4本は入らないので2本残し
両端の2本をそれぞれの端の2本と一緒にする。

asa-4.JPG

3.オニキスを入れて、平結びを1セットしたところ。

asa-5.JPG

このあと同じようにしてとんぼ玉、平結びを1セット、オニキス、
平結びを3セットほどする。
終わったら全部をまとめて1回結び目を作り、あまったヘンプは
長さをそろえてふさにする。

完成はこちら

asa-6.JPG

基本形なので、石を増やしたり、ヘンプの色を変えたり、いろいろアレンジしてください。

オニキスは正確にはブラックオニキス、またはオニックスと言い邪念や悪い気を払う昔から魔避けの石として用いられてきました。
感情が乱れやすい人が身につけると気持ちの昂ぶりを抑制し、理性的になる事が出来ます。

また、意志が弱い人は悪い誘惑から逃れ、自分の主張が言えるようになります。
様々な障害を払いのけ目標に向かって突き進みたい時にも大いに力を貸し潜在パワーを強化します。
運動能力を刺激して向上させる力もあるとされています。

キリスト教ではロザリオに用いられていたオニキスは、黒い色艶の宝石を代表するジュエリーです。
中世には、その色からもわかるように、悪を呼び起こす石として恐れられていた時代もあったようですが、

今は悪から身を守るパワーがあると言われています。
ほかの宝石などは他人に贈ってもよいが、このオニキスは、自分を護るために自分で買い、身に着ける宝石といっていいでしょう。

◎ シャワー台

金具シャワー台(しゃわーだい)
イヤリングやブローチなど、モチーフを固定させたいときに使うと便利な台です。パーツをテグスなどで台の穴の部分に固定できるです。

◎ ファイアポリッシュ

ビーズファイアポリッシュ(ふぁいあぽりっしゅ)
チェコビーズの1種です。ガラスビーズをカットした後、表面を火で磨き、柔らかな輝きのあるビーズに仕上げる技法です。



Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。