レシピ4 ガーネットの木の実ピアス

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ4 ガーネットの木の実ピアス

hart.jpg

今回はTピンを使ってピアスを作ってみます。

天然石は穴が大きい事が多いので、ピンの先が星(または丸玉)になっている

ものを使うほうが初心者には作りやすいし、見た目も可愛いです。


材料

・銀チェーン 9cmが2本

・銀丸カン 5から10個(余分に用意してください)

・銀のピアス金具 1セット

・星(丸玉)付きTピン 10本×2の20本(余分に用意してください)

・ガーネットカットビーズ4mm 10個から20個

・銀メタルビーズ4mm 10個から20個

・水晶丸玉4mm 適量


※石は好きな石や組み合わせでけっこうです。ガーネットは丸玉だと木の実の感じが、
カットのビーズだとおしゃれなイメージになります。

道具 

  やっとこ はさみ

@ピアス金具に丸カンをつけます。銀チェーンの端から5cmのわっかに丸カンをつけます。

Aピンにガーネットを1個とおして、ピンの先5、6mm残しはさみでカットします。直角に指またはやっとこで曲げます。

そして先から2mmくらいのところをやっとこの先ではさみ、くるっと中央に丸く曲げます。(わっか状にします)

B完全には閉じないで、ピアスにつけた丸カンに通して、それからやっとこで

完全に閉じます。すきまがあるとピンが外れるので注意。

Cガーネットや水晶サザレなど1つ通したものを5つ作り、ピアスの丸カンにつけます。

Dここで、銀チェーンにつけておいた丸カンを少しやっとこでずらしてから、

ピアスの丸カンにつけて閉じます。全部の石をつけてからだと、丸カンが閉じにくいので。

E今度はピンに、ガーネット、銀メタルを通して同じようにピアス丸カンにつけます。

ガーネット&水晶、ガーネット&メタルなど、自由に組み合わせて5つ作ってつけます。

もう片方のピアスも同様に作ります。これで完成です。


今回は10本分つけましたが、もっと増やすとさらに豪華になるし、石もボタンカットなどを

使うと、さらに光の反射がきれいです。

お好みの石を使って、自分だけのピアスを作ってみてください。

※さらに、ピアスのかわりに、ヘアピンの先にこれをつけると、簡単かんざし風ピンもできます。

チェーンが揺れて綺麗なので、明るい色の石で挑戦してみては。

ガーネットは、結晶がざくろの種子のようになっているところから日本名でざくろ石ともいわれています。
ガーネットは、『実りの象徴』とされ、ガーネットの効果は、恋の成就にも手を貸してくれます。


1月の誕生石で、石言葉は「真実・友愛」。

ガーネットは
いつまでも変わらない愛情や
体の不調を改善す力があるといわれています。

深い赤はアクセサリーにかかせません。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。