レシピ2 シェルとチャームのネックレスとブレス

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ2 シェルとチャームのネックレスとブレス

syeru.jpg

シェルを使ったネックレスとブレスレットです。

作り方は同じ。ただチェーンの長さをかえるだけで両方作れます。

とても簡単。でも出来あがりは素敵なアクセサリーなので、ぜひ挑戦してみてください。

材料

・銀チェーン 38cm1本 32cm1本

・銀丸カン 10〜20個(余分に用意してください)

・ニューホック(留具)1セット

・シェル ディスク(丸くて平たいもの)7mm数枚 11mm数枚

・チャーム(すきなもの) 2枚

道具 

  やっとこ

@まず38cmのチェーン。真ん中(19cm)のところから適当に丸カンで

シェルを半分つける。チャームも1つ丸カンでつける。

つけ方は1回目を参考にしてください。

A次に32cmも同じようにシェルとチャームをつける。ここで、38cmと並べてみて

シェルやチャームの位置が重ならないようにずらしてつける。

B全部つけたら、32cmの方の両端のワッカに丸カンを通し、38cmのチェーンと

重ねて、少したるませたところの38cmチェーンのワッカに通してとじる。

Cこれで2本が1つになったので、38cmの両端のワッカに丸カンを通す。

ニューホックの金具(閉じているのでそれぞれはなす)の片方ずつにそのワッカを通してとじる。


★ブレスレットの作り方★


全く同じですが、チェーンを36cmと32cmにするだけ。

長いので、腕に2重に巻いて使います。

チャームは今回はクローバーを使いましたが、とがっで当たると痛い形以外は

なんでもOK。チャームの数ももっと増やしてもかまいません。

38cmというのは、ちょうど鎖骨の辺りに来るサイズ。

次は40cm、セーターなどの上につけるときは45から50cm。

ブレスは大体18cmが目安です。

シェルはディスクだけでなく、いろんな形を使うとまた感じが変わります。

茶蝶貝や黒蝶貝にしてもまたおしゃれな雰囲気になります。

パワーストーンという言葉も良く使われますが、この石の持つ不思議なパワーを指しています。
パワーストーンとは神秘的な力を宿す石のことで
癒しを与えてくれたり気持ちを前向きにさせてくれたり、恋愛運をアップさせてくれたり魔除けの効果があったりします。
そんな素敵な効果を見ているとどの石の効果も捨てがたくて、全部持ち歩きたくなってしまいます。

大自然の宇宙のエネルギーを長い年月をかけて蓄積してできたものという考えです。
古代の人々は、守護石としてお守りや魔除けとして使いましたが、現代に於いても、この石のもつパワーでよい影響を与えるといわれています。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。