レシピ42 ムーンストーンとこはくのヘンプチョーカー

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ42 ムーンストーンとこはくのヘンプチョーカー

hemp.JPG
(クリックで大きくなります)

こんにちは

ストラップに続いてヘンプのチョーカー。

作り方は簡単ですが、皮ひもなどと違って1本が柔らかいので

強度をつけるために、6本使いました。また丸カンではなく、ピンを直接

ヘンプにつけて、軽い感じに。

材料
ヘンプ(麻ひも)ナチュラル 90cmを6本
9ピン 適量
ムーンストーンカット8mm、ベリドットさざれ、チェリーアンバー
こはくタンブルビーズ、マザーオブパール8mm、ローズクォーツ6mm
メタルビーズ銀3mm 適量

1.6本のヘンプの先を洗濯バサミでとめる。2本を1つとして3つ編みを
最後までしていく。

2.端から5cmのところで1回結び目を作る。そしてさらにその結び目に
重なるように結び目を作り、大きなだんごにする。(これが留める部分になる)

3.もう片方の端から5cmのところで2で作った結び目が入るくらいの大きさの輪を
作り、1回結ぶ。そして同じ場所でもう1回結ぶ。留めのわっかになる。

4.2の結び目のだんごが、3のわっかに入るか確認したら、その部分が前の中央になるので
位置を考えながら、9ピンに石を通したものをヘンプにつけていく。
このとき、3つ編みしたヘンプの2本につける。1本だと弱いので。

5.それぞれの端5cmの部分の三つ編みをほどいて、つまようじの先でヘンプを
ほどいていき、フリンジ状にする。

全体としては簡単なので、すぐ完成しますが、留める部分のわっかがわかりにくいかも
しれません。うまくできないときは、マンテルを丸カンにつけて、おだんご結び目を
作るときに丸カンを通して留め具にしても。

またフリンジにしない場合はリボン留め金具にヘンプをはさみこんで、普通にニューホックなどの留具をつけて使っても。

春から夏にかけて、軽やかさが魅力のヘンプアクセサリー。天然石との相性もバツグンです。

◎ ランニングステッチ

縫うランニングステッチ(らんにんぐすてっち)
ぐし縫いのようなステッチです。針を直角に出して直角に入れるときれいに仕上がるです。等間隔に刺すのもポイントです。

◎ ミニアイロン

その他ミニアイロン(みにあいろん)
パッチワークに最適の小さなアイロンです。細かいピースを合わせるときなど、ひとつあると重宝するです。


◎ ヘンプ麻

糸ヘンプ麻(へんぷあさ)
大麻です。かごバッグやミサンガなど、手で編む小物に適した糸です。

クラックリング

描くクラックリング(くらっくりんぐ)
ひび割れをつくりだす方法のことです。仕上げ剤を塗る前にクラックリング剤をたっぷりと塗り、つくるです。クラッキングともいうものです。



Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。