レシピ38 幸運を運ぶアミュレットリング

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

レシピ38 幸運を運ぶアミュレットリング

こんにちは

7色の石を使ったアミュレットジュエリーは幸運を呼ぶといわれて

人気の高いものです。今回は天然石ビーズを使って手作りしましょう。

amyu.jpg
(クリックで大きくなります)

材料
フリーサイズのリング金具
 チャロアイト8mm丸玉 1個
 ベリドット、ピンクトルマリン、アメジストさざれ 
 クラックシトリン、ブルートパーズ、ガーネット、アイオライト4mm 適量
 アーティスティックワイヤーシルバー 0.3mm 約30cm

1.リング金具の中央より少し右(石をつける1番右の位置)に

ワイヤーを1回巻いて固結び。このとき、片方のワイヤーは5cmほどの長さにする

2.長いほうのワイヤーに、さざれや丸玉2,3個をつけてワイヤーを

台に1回巻きつける。このとき指で押さえて、台の内側に石が回りこまないようにする。

3.同じように石を通したワイヤーを巻きつけていく。はじめに通した石は

下に隠れてしまい、あとからの石が表面にでるので、見た感じを考えながら石を選んでいく。

4.石をつける1番左の位置まできたら、今度は逆に右に戻っていく。石が重ならないように

さざれなどの量を変化させていく(石が多いと長くなるので大きくなる)

5.最初の固結びの位置まで戻ったら、2回ほどワイヤーを台に巻きつけて

片方のワイヤーともう一度結び、2本をねじっていく

6.2cmほどの長さでワイヤーをカットし、やっとこで先をくるりとまるめてから

どんどん丸めていく。手で押さえてから飾った石の隙間に入れ込む。


★今回はさざれや小さい丸玉を使っているのでボリュームはそれほど
ありません。
石のカラーを7色(シトリン=黄、ベリドット=緑、アメジスト=紫、トルマリン=ピンク、ガーネット=赤、トパーズ=青、アイオライト=紺)と多く使うので、小さめのサザレや丸玉の方がリングに合っています。

もしPTやネックレス、ブレスレットに使う場合は、もっと大きめのビーズを
使うと豪華ですね。幸運アイテムなのでストラップにしてもおすすめ。

◎ ハワイアンリボンレイ

その他ハワイアンリボンレイ(はわいあんりぼんれい)
もともと生花でつくられるハワイのレイをリボンでつくったのがハワイアンリボンレイです。リボンを縫い縮めたり、編んで首飾りやブレスレット、インテリアアクセサリーとして楽しむです。

◎ メリヤス編み

編むメリヤス編み(めりやすあみ)
表側から見るとすべて表目が並んだ編み地です。往復編みの場合、表編みをして返した裏側は裏編みをするです。これを繰り返すです。


◎ キルト針

縫うキルト針(きるとばり)
キルティングがしやすい、短く細い針です。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。