粘土ボールのかんざしの作り方

ビーズアクセサリーレシピと天然石

プロフィール

薔薇ピアス

天然石が大好きで、ビーズアクセサリーつくりを独学で楽しんでいます。

ビーズアクセサリーの作り方の参考になればうれしいです。

ビーズアクセサリーを手作りしてみませんか?

おしゃれの基本アクセサリー。スワロフスキーやチェコビーズ、シードビーズや天然石ビーズなどを使って自分で簡単に手作りすることができます。

ネックレス、ブレスレット、ピアスやリング、ストラップやヘアアクセサリーなどさまざまなアイテムを作りませんか?プレゼントにもおすすめです。

薔薇

Sponsored Link

粘土ボールのかんざしの作り方

akakanzashi.jpg

ビーズボールは人気があります。

葉っぱをつけてストロベリーのようにしたり、りんごにしたり
いろんなアレンジができます。

ビーズを組み合わせても作れますが、大きさや色合いを簡単に好みの
物にしたい場合

クレイ(粘土)を使うと簡単です。

ボールだけじゃなく、ハートや星型など、いろいろ楽しめますね。

最初に色をきめて、その色に着色した粘土でボールを作り、それに
デコ用のストーンをつけると簡単。

かんざしだけでなく、ストラップにしたり、つなげてブレスにしたり
小さく作ってピアスにしたり、いろんなアレンジができます。

大きめのボールですが、粘土なので軽くて髪に映えます。

材料
クレイ粘土 コスモス 適量
ワイヤー 0,6mm 20cm前後
ボンド
赤、ピンク、オレンジなどのアクリルストーン3mm

かんざし金具 3つ穴
丸カン 9ピン

茶蝶貝、ムーンストーン 淡水パールなど。

作り方

1.粘土のボールを作る。ワイヤーを5cmほどカットして
真ん中にわっかを作り、残りをねじって1本にして先を
折り返す。

2.赤の絵の具で着色した丸い粘土の中央にボンドをつけたワイヤーを
差し込み、形を整えて乾燥させる。同様にピンク、オレンジを作る。

3.ボールが乾いたらボンドで赤、ピンク、オレンジのストーンを
隙間なくつけて乾燥させる。

4.かんざし金具の穴に丸カンをつけ、ピンでつないだ
茶蝶貝、ムーンストーン 淡水パールなどを2本つける。
1つの穴に赤のボール、ビーズの2本にピンク、オレンジをつける。

★粘土の赤系とビーズの白系でまとめました。
髪の色が映える色合いにするといいですね。

今回はアクリルストーンですが、スワロフスキーにすると
輝きが豪華できれいです。

白は基本にかえる色。


白は心を落ち着かせてもくれます。

人間関係、恋愛運をアップする効果もあるので、お見合いや合コンにも白できめていくといいでしょう。

ヨーロッパでは、白いジャケットに金ボタンが最高級のお洒落といわれるのもうなずけます。また、人間関係のストレスにも、白は効きます。対人関係でいい印象を与えるには、白にラベンダーの組み合わせがおすすめ。

白は穏やかで、豊かな実りをもたらしてくれます。赤が外に向かう色であるのに対し、白は内に向かう色です。穏やかで、心豊かな日々のために、白を上手に使ってください。

◎ ハンドニードル

縫うハンドニードル(はんどにーどる)
フェルティングニードルともいうものです。フェルトの繊維が絡みやすいように先に数ヶ所刻みがついている針です。

◎ フレンチノットステッチ

縫うフレンチノットステッチ(ふれんちのっとすてっち)
玉どめの要領で針に糸を巻きつけ、引くです。巻きつける回数や糸の太さで大きさが変えられるです。

トランスファーペーパー

写すトランスファーペーパー(とらんすふぁーぺーぱー)
写し取った図案を素材に転写するための紙です。色の種類もさまざまあるです。グラファイトペーパーともいうものです。

◎ Cカン

金具Cカン(しーかん)
パーツとパーツをつなぐときに使われる金具です。色や大きさはさまざまです。


Sponsored Link

記事検索

Google

★ご存知ですか?
ビーズレシピに関して、このような用語が注目されています。 
ビーズ リング レシピ
ビーズ ピアス レシピ
ビーズ ブレスレット レシピ
ビーズ ストラップ レシピ
簡単 レシピ
無料 レシピ
ビーズアクセサリー レシピ

サブコンテンツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。